第13週 野毛の新しいムーブメントを創る 栗原一先生

| トラックバック(0)

img_229888_12856759_6.jpg

野毛大道芸ワークショップ

大道芸人・クリちゃんを囲んで楽しく遊びました。スティックなども使わせてもらいましたが、やっぱり難しいよね。そんな簡単に出来るわけありません。でも、学生諸君に混じって、おじさんおばさんも結構集中して、芸の一端を体験することができました。「ディアボロ(中国ヨーヨー)」「マジック」「マイム」「シガーボックス」等など、次々とクリちゃんのパフォーマンスが繰り広げられます。芸のすごさは勿論ですが、鍛え抜かれ身に着けた身体能力には圧倒されましたね。話術よりもクリちゃんは明るさでみんなを引き付けてくれます。

クリちゃんが人前で何かしてみたいと、芸人を志した(?)のは小学4年生の頃とか。でも、当時は身体も小さくおまけに虚弱体質。メガネで頭も良くなく、しょっちゅう「プチいじめ」にあっていたそうです。学生時代から、大人になっても挫折を繰り返しタレント養成所を経てやがて大道芸に出会います。導いてくれた恩人はパントマイムの新井汎とジャグラーのマサヒロ水野でした。生活のためやむなく始めた大道芸も今ではクリちゃんの「天職」になっているのでしょう。ねずみ年で50歳近くなっているはずなのに若々しくはつらつと演じるクリちゃんは輝いています。「大道芸は、下手でもお客さんはお金を投げてくれます。どれだけコミュニケーションが取れるかが勝負なんです。大道芸は雰囲気を見てください。」という言葉が残りました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yanagida-lab.com/noge-campus/mt/mt-tb.cgi/21